彫り直しする改刻

印鑑の保証には、いろいろなものがあります。実際には、硬質の印材を使っていくため、簡単に欠けたりすることはありません。だからこそ、保証もしてくれるようになるわけですが、どんなことをしてくれるのかといえば、彫り直しです。単純なことですが、欠けたものは新たに作り足すわけにはいきません。そこで、いったん印面を平らに直してから、新しく彫り直ししていきます。

印材彫り直しをすることを考えなければいけませんが、印材は必ず短くなるでしょう。いったん平らにするのですから当然ですが、だいたい1mm~2mm程度です。気持ち短くなるといえるでしょう。そのうえで、新たに彫っていきますので、元の印影と同じにはなりません。新しく彫りなおすため、別の印影を作ることになるからです。そのため、改刻とも呼ばれています。実印などでは登録し直しの必要もありますが、欠けている以上使えないのですから、高級印材では彫り直しも重要です。

開運といったことでは、こうした改刻は縁起がよろしくないとも言われます。もともと、印鑑に彫られた文字で開運ができることはありませんので、気にするようなことではありません。逆に優れたサービスは、うまく活用するべきでしょう。

印鑑彫り直し可能通販サイト
印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】

保証の内容と品質

インターネットでも購入できるようになり、手軽に印鑑も手にできるようになってきました。これが、保証との大きな関連性になってきています。値段も安く抑えられるようになり、種類も豊富に用意されるようになりました。価格によっては、保証が付かないような場合も出てくることは理解しておかなければいけないポイントです

認印購入する内容によっても、保証が付かないケースが出てきます。ネーム印や認印といった使用頻度の多いものは、価格も安く抑えられることが多いでしょう。安価なものに関しては、買い替えを考えたほうがいい場合もよくあります。実際に保証が付かないケースも珍しくありません。それでも、一定の保証をつけてくれる場合には、かなり良心的であるといえます。

保証があるかどうかは、実は製品の精度や品質にも大きく関係しています。彫り直しにも応じてくれることになりますが、品質が高く、精度もしっかりとしているからこそ、長い期間の保証をしても、マイナスにならないと考えています。品質の低いところでは、保証をすれば、それだけ多くの商品を手直しする必要も出てきて、大きな赤字になるでしょう。品質に自信があるところは、それだけ長く濃い内容を提示できることも覚えておけば、便利に利用ができるはずです。最後に彫り直しする改刻について説明します。

期間はどれぐらいか

印鑑の保証は、ある意味でアフターフォローやアフターケアという話になってくるでしょう。この点を考えても、重要なものであるのがわかります。保証制度の有無は当然の部分ですが、内容はかなり異なったものになっているところが注意点です。何か決まりがあるわけではなく、サービスの一環だからです。印鑑を通販で購入する際には、保証制度を持っているところで購入するのは、当然の選択といえるでしょう

通販サイト購入後に何か問題があったら対応できるかどうかは、安心して購入できるかどうかの分岐点です。特に実印といった大事なものは、オーダーした時には、かなりの金額になってきます。購入先を選ぶポイントのひとつにもなってきますが、保証期間がどれぐらいあるのかも考えていかなければいけません。

期間があまりに短いようでは、実際に形骸化してしまう保証となるでしょう。短期間しかないようでは、実際にトラブルが発覚する可能性も下がるからです。これぐらいの期間があれば安全という基準はありませんが、少しでも長い方が安心できることは間違いありません。単純に考えるとわかりますが、半年より1年のほうが、トラブルに見舞われる可能性が高まるのは当然だからです。通販サイトを利用するときにも、少しでも長いほうがいいことは覚えておくべきでしょう。

通販と保証の有無

通販を活用するのは、非常に便利になってきました。さまざまなものを購入できるようになってきましたが、そのひとつとして印鑑も簡単に購入できるようになっています。通販で印鑑を購入する場合には、さまざまなポイントに注意していかなければいけません。そのひとつとして、保証サービスの有無があげられます。多くのところで、保証が設けられているようになりましたが、何か決まりがあって統一されているサービスではありません。さまざまな内容になっており、それぞれで違いがあります。保証期間をみても、1年など年単位になっていることがほとんどです。保証は大事な要素になってきますので、期間に対しても注目しておくべきでしょう。

印鑑保証期間だけではなく、どんな時に適用されるか、必ずルールが設定されています。内容に関しても注意しておかなければ、いったいどんな時に使えるのか、その範囲もわからなくなってしまいますので、購入するときのポイントとして抑えておかなければいけません。

保証といっても、印鑑を破損した場合のみに適用される場合がほとんどです。紛失したような場合には、対象にならないといったことが一般的ですが、それでもルールは一定ではありません。いざ保証があったからと使おうと思っても、結果的に受けられないようなケースは良くあります。金銭的な部分での保証もありますし、再購入にサービス適用になるといった場合までさまざまですので、どんなルールがあるのか参考にしつつ、通販を活用していくといいでしょう。